共働き主婦Kikiの暮らし方(育休中)

30代、フリーランスの夫と0歳息子と3人暮らし。家事・料理、子育て、家計簿・貯金、親孝行、旅、暮ら方のアイディア。

夫がフリーランスに!?

【スポンサーリンク】

こんにちは、共働き主婦Kiki(育休中)です。

 

 

妊娠が分かり、私が秋から産休に入ると分った頃、

 

夫が正社員からフリーランスになりました。 

 

!?

 

ええ?!このタイミングで?!

 

 

産休に入ったら、正社員の私の給料も減額されるし、

子供もできてこれからお金の面で不安も沢山あるのに。

 

ましてや、昨今、保育園に入れない問題があって、

もしかしたら、私は仕事に復帰できないなんて事だって想定されるのに。

 

前々から、夫はいつかはフリーランスで働きたいと言っていて、

私は「いいんじゃないの~」とは言っていたものの、

 

それは、自分は正社員で働いてるので、

なんかあっても、まぁいいっか。と思っていましたが、

 

自分が働けないとなると不安だらけ!!

 

 

・・・

 

非常に非常に悩みましたが、

 

夫が働きたい働き方を

応援する事にしました。

 

 

夫もまだ30代前半。

フリーランスとして働く働き方や、転職だって、

まだまだ長く働く人生の中で、失敗してもいいから、

やってみたい事は挑戦させてあげたいなと考えるように。

 

とりあえず、貯金もボチボチあるので、

何かあっても、暫くは貯金でほそぼそ生きていけるかなっと。

 

子供が生まれてきたら、きっとバタバタして、

フリーランスだの、転職だの、

ちょっと!そんな事、挑戦してる場合か~!と寛容的になれない気がするので。

 

生まれてきていない今のうちに?

一歩踏み出してしまえ~っという事になりました。

 

夫がフリーランスとして働き始めて、半年弱ですが、

しっかり働いてくれてるし、

コンスタントに報酬も入ってきているので、

今の所は、生きていけます。

 

フリーランスといっても、

ある会社のプロジェクトに属して、

会社へ出社します。

 

案件によっては、家で仕事をする事もあるといった感じ。

 

 

正社員と違って、フリーランスは、

働き方がある程度自由に決められますが、

デメリットもたくさんです。

 

●退職金なし。

●企業年金や厚生年金なし。国民年金だけでは圧倒的に年金が足りない。

●帳簿や確定申告を自分で行い、税金を自分で支払う。

 

まだまだありますが、以上の事があげられます。

 

いつどうなるか分からないので、

貯金する事に対して、以前よりシビアに考えるようになりました。

 

帳簿の本などを買って、夫と一緒に私も、

どうやったら、節税につながるか、

控除を受けられるのか、色々勉強中です。

 

 

現在勉強中なのが、

 

●退職金なしの対策として

小規模企業共済

 

●国民年金だけでは足りない対策として

国民年金基金

確定拠出年金

 

●国民保険の値段が高い対策として

文芸美術国民健康保険(職種が限られます)

 

夫のフリーランスのキャリアが落ち着いてきて、

フリーランスとして続けるのであれば、始めたいと思っていますが、

もしかしたら、正社員に戻りたい~!とか言い出すかもしれないですから、

今の所様子見です。

 

ま、今の所、

フリーランスになってよかった~!って

しょっちゅう言ってますが(笑)

 

貯金・お金のやりくりなど、

今まで以上に考えるようになって、

良いきっかけかなとも思えるので、

 

不安もいっぱいですが、

 

まずは何より

夫が仕事を頑張ってくれているので、

応援していくことにします~!

 

私も、帳簿のつけ方・節税・控除などもっと勉強するぞ~!