ききの暮らし方

家事・料理、子育て、家計簿・貯金・節約、親孝行、旅、暮らし方のアイディア。

私達夫婦が子供を授かるまで

【スポンサーリンク】

こんにちは、共働き主婦Kiki(育休中)です。

ご訪問頂きありがとうございます。

 

 

 先日のブログにも記載したのですが、

私達夫婦は昨年の年末に出産をいたしました。

 

出産後、退院してから、

子育て、家事、寝られない、体調崩す、、

といった感じで、毎日、慣れない育児に必死です。。

 

出産の話も書きたいのですが、

その前に、私達夫婦が子供を授かるまでのお話を

しておきたいと思います。

 

 

 

私達夫婦は、 

すんなりと子供を授かったのではなく、

  

妊活を始めてから1年以上過ぎた頃、

ようやくようやく念願の子供を授かりました。

 

 

 私が妊活を始めて、その1年間は、

気持ちの浮き沈みが激しく非常に辛いものでした。 

 

 

私が妊活を始める前は、

私の周りで子供がいる人は本当にごく一部だったのですが、

 

私が妊活を始めてからの約1年間は、

たまたま重なり、

 

会社のチーム内で3人、

仲の良い友人が5人、

とても近しい存在の方が、次から次へと妊娠をしました。

 

 

もちろん、妊娠するのは人それぞれのペースがあるのですが、

誰かの妊娠を聞く度に、

当時の私にとって、凄く凄く焦りを感じてしまいました。

 

 

また仕事のチームの人が妊娠すると、

外回りの仕事や色んな業務において

その分の負担が他のメンバーに振り分けられる為、

 

元気な時は、助け合いは当たり前!と思ってフォローしていた事も、

 

自分自身の妊活が上手くいかないと、

精神的にも体力的にも辛いと感じる時がありました。

 

1人妊娠でも周りの多大なフォローが必要なのですが、

それが、チームで3人重なるという。。

だいぶ過酷な時期でした。

 

ストレス社会で生きる共働きの妊活は、

本当に本当に大変。

 

排卵日のタイミングが、週末に重なればまだしも、

平日となると大変。

また、そのタイミングで風邪を引いたり、体調が悪かったり、

仕事を早く切り上げられなかったり。。

 

はい、今月もダメでしたーというのが何十回も続くと

本当に気がめいります。

 

妊活を始めて10カ月を過ぎたあたりで、

そろそろ不妊治療について相談してみようとなり、

 

病院に行って、

夫婦お互いに調べてもらい、

特段、子供が全くできなくて大きな問題あるというわけではない事が分かり、

 

病院から、

ドゥーテスト(排卵日検査薬)を進められ、

暫く試してみる事にしました。

 

また、

病院で不妊治療の話を聞くだけでも、

その当時の私には精神的にキツく、

 

そんなのやっていけない。。と更に気弱くなってしまっていまい、

 

病院へ行くと当時の私は、どんどん元気がなくなるので、、

(特段何か治療を始めたわけではないのですが。。

 

夫と話合い、

とりあえず排卵日検査薬は試してみるけれども、

暫く半年くらいは、病院などは、お休みして、

息抜きしよう!という事なりました。

 

子供ができなければ、

将来は私達二人の大好きな海外旅行へ沢山行ったり

二人で楽しむ人生もいいと思うよ~!など

夫から言われて、

 

それもいいな~と、

妊活に追われてたけれども、一度息抜きするか〜という気持ちになれました。

 

そんなこんなで

気持ちをリラックスさせたのが良かったのか、

とても幸運な事にに、

排卵日検査薬を使用して、3カ月目で子供を授かる事ができました。

 

 

私自身、妊活中、友人には妊活について一度も相談しなかったのですが、

 

妊娠が分ってから、

なかなか授からなくて1年以上かかったんだ~と話をしてみると、

 

私も妊活中でなかなか授からなくて、

悩んでいたよ!とか

(現在進行形で)今私も悩んでいるの!と友人が何人もいました。

 

皆、仲が良くても、

なかなかナイーブな内容なので、

 

その時は精神状態も良くなかったり、

自分でも認めたくなかったりで、

 

人に言いづらいものなんです。

 

 

友人の中には、

人工授精で子供をようやく授かった子もいました。

 

一人の友人は、

不妊治療の最終段階一歩手前までやって、

ちょっと不妊治療を休憩しようと息抜きをしていた時に、

妊娠が分ったり、

 

もう一人の友人は、

旦那さんの海外転勤が決まり、

自分の仕事を辞められる~!と分かったタイミングで、

妊娠が分ったり(笑)

 

精神的に妊活に追い詰められている時ではなく、

ちょっと息抜きしたり、ストレスが軽減された時などに、

妊娠する事もあるんだと思いました。

 

 

とはいっても、

仕事をしながら、ストレス社会の中で生きていると

なかなか難しいものなのですが。。

 

 

それでも、やはり人それぞれ。

絶対に子供ができるという保証はどこにもない。

 

子供が欲しくて妊活をしていたけど、

子供がいなくたって、

夫婦2人で人生、未来をおもいっきり楽しまなくては、もったいない。

 

きっと経済的にも時間的にも余裕があるだろうし、

夫婦2人だったら、どんなことしたいか、どんな人生にしたいか、

話しておく事も大事な事かもしれない。

 

 

妊活をされている方の参考になるかは分かりませんが、 

妊活で悩んでいる方はたくさんいるんだという一例として、

知っていただければ幸いです。

 

長文になりましたが、

最後まで読んでいただきありがとうございました。